Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
やせるホルモン
0
    前回脂肪細胞がホルモンを分泌することを書きましたが、
    今回はそのホルモンについて。

    脂肪細胞が分泌するホルモンは大まかに体にいい働きを
    するものと悪い働きをするものの2つのタイプがあります。

    いい働きをするホルモンは主に2つ

    「レプチン」、「アディポネクチン」 です。

    レプチンは食欲を低下させ、交感神経を活性化して脂肪分解を促します。

    アディポネクチンは肝臓や骨格筋にはたらいて脂肪酸の代謝を高めたり、
    インスリンによる糖の取り込みを助けます。

    またアディポネクチンには傷ついた血管を修復する働きもあり
    動脈硬化の予防、改善に効果があり心筋梗塞や脳梗塞などの予防ににも役立ちます。

    ではレプチンを分泌するにはどうするか・・

    脂肪細胞から分泌されるからと言って食べすぎは厳禁ですw
    早食いもレプチンが分泌され食欲を抑制する前に食べすぎてしまいます。

    そして大きく関係してると言われるのが睡眠です。
    睡眠不足の状態はレプチンの分泌を妨げると言う報告があります。
    また睡眠不足の状態だと炭水化物や脂肪の多い食事を欲する傾向があるそうです。


    前述したアディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが
    小さな脂肪細胞から分泌されるため肥満が進行すると分泌量は低下してしまいます。

    またコーヒーをよく飲む人(一日4杯以上)はアディポネクチンの分泌量が多いと言う
    研究結果も見られます。










     
    posted by: luke-c | 健康 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    白色脂肪細胞
    0
      当然ですが脂肪について基礎的なことを少し書いていきたいと思います。

      白色脂肪細胞、一般的に言う脂肪です。

      白色脂肪細胞は食事によって過剰に血液中に
      流れている中性脂肪などの脂質や糖を取り込みエネルギーとして
      蓄えてききます。

      そのため脂肪細胞の数が多いほど体内に蓄えられる脂肪の量は多くなり、
      いわゆる肥満になりやすくなります。

      白色脂肪細胞が急増するのは、一生のうちに3回と言われています。

      最初は「妊娠末期」、次が「生後1年未満」、次いで「13~15歳」

      ただし、近年では思春期を過ぎても存在する白色脂肪細胞がいっぱいになると
      脂肪細胞の数を増やしてさらに脂肪を取り込むことがわかってきたそうです。

      白色脂肪細胞の数は20歳前後の成人で約400億個、肥満者では800億個!にもなると言われています。

      どうしても悪者扱いの脂肪ですが

      脂肪組織は様々なホルモンを分泌する内分泌器官(膵臓とか腎臓なんかと同じということです)
      と言うことがわかっています。

      次回からその中の様々なホルモンについて書いていきたいと思います〜





       
      posted by: luke-c | 健康 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
      コレステロールと食事
      0
        JUGEMテーマ:健康

        2015年5月1日、日本動脈硬化学会は

        「食事で体内のコレステロール量は大きく変わらない」と発表しました!

        今さらながら本当のこと言っちゃいました。

        今までさんざんコレステロールを多く含む食品を控えなさいって言ってたのに・・・

        (まあそもそもコレステロール値が高い方が長生きする(日本脂質栄養学会)と言う
        意見もあり論争が続いているのですが・・・)

        お医者様の多くはこの発表の異議を唱える方もきっと多くいると思われますので
        医療現場はさらに混乱するのでは・・・

        なぜそうなったか等はここでは割愛させていただいて、その背景には
        医薬品の中でもメガヒット商品のコレステロール降下剤の特許が数年前に切れたことと
        無関係ではないと思われます・・・

        特許が切れればジェネリックを作ることができますので
        この薬を固辞する意味はなくなったと言えます。

        もちろんこんなことは一切口にはしていませんが・・・


        それにしてもメディアもあまり大きく扱いませんでしたね、そのあたりも
        胡散臭い感じが拭えませんね・・

         
        posted by: luke-c | 健康 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
        気圧と健康
        0
          JUGEMテーマ:健康

          今日もまたも雨ですね、と言うことで?今回は気圧と身体の関係についてです。

          気圧とは地面に対してどのくらいの空気の重さが圧力としてかかっているかを示す数値です。
          1気圧とは1㎠(1×1僉砲量明僂烹kgの重りがのかっている状態です。

          普段私たちは空気の重さを感じていないのですが、空気にも重さがありますので
          空気は身体にのっています。 そして気圧(空気の重さ)が変化したときに身体に様々な変化を感じます。

          1気圧をよく天気予報などで耳にする気圧の単位hpa(ヘクトパスカル)にすると
          1気圧=1013hpaになります。
          これが地球上の空気の気圧を平均した数値だそうです。

          と言うわけで私たちは通常1気圧の世界で生活をしています。

          周囲より空気が重くのしかかっていることを「気圧が高い」といい空気がギュッと詰まった状態です。
          周囲より空気の重さが軽いことを「気圧が低い」といい空気が少ない状態です。

          山の上などの標高が高い場所は空気ののっている量が少ないため
          気圧が低く、海面などではのっている空気の量が多くなるので気圧は高くなります。

          袋入りのお菓子を持って山等行にくと、お菓子の袋がパンパンになってしまうのを
          経験したことがある方もいると思います。

          工場で袋詰めされた時は1気圧の状態で詰められるので袋の内側と外側が同じ圧力でしたが、
          山では気圧が低いので袋の外側の圧力が小さくなり内側からの圧力が大きくなるために
          袋が膨らむと言ったことが起こります。

          人間の身体も同じような仕組みになっていて、ほとんどの方が飛行機やエレベーターなどで耳がキーンと
          塞がったような感覚になったことがあると思います。

          これも気圧が急激に変化したために起こる現象です。
          高度約10000mで水平飛行中の飛行機の室内の気圧は約0.8気圧になっていて
          体内からの圧力より機内の圧力が低いため鼓膜が押し上げられるために違和感を感じます。

          エレベーターでも高層階へ上昇する際も耳がふさがったような感じになることがありますが
          これも気圧が急激に下がったことが原因です。

          通常はつばを飲みこむことで、耳管という耳の奥と鼻の奥を繋ぐ管を一次的に開く
          ことで中耳と外気の圧力が同じなり鼓膜が元に戻ります。

          気圧が下がると体にかかる圧力が減るため血管が拡張して神経を圧迫して神経の炎症部位に
          触れて痛みが出ることもあります。(頭痛や神経痛など)

          また血管が拡張することで血管に流れ込む血液やリンパの流れが悪くなることによって
          体調不良を起こすこともあります。

          気圧の低下により酸素の量が減ると身体の活動を抑えようと副交感神経が優位になります。
          と言うのが一般的な見解なのですが、

          人によっては交感神経が優位になると言った研究結果もあり、
          正直どちらが正しいのかは私には現段階では判断しかねます・・

          実は私も気圧の低下=副交感神経優位だと思っていましたが
          今回記事を書くにあたり調べているとこういった研究結果もあることを知りました・・・

          どちらにしても気圧の急激な低下は身体に様々な影響があるのですが
          こうなるとこういった症状への対処の仕方が違ってしまいますので追って
          調べていきたいと思います。













           
          posted by: luke-c | 健康 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
          天気と健康
          0
            JUGEMテーマ:健康
             
            本日4月8日、東京は記録的な寒さでみぞれまで降っていましたね。
            そこで?今回は天気と体との関係を書いてみたいと思います。

            まずは一番身近な気温と身体の関係について

            ちなみに身体には暑さ、寒さを感じる取る温点と冷点というセンサーがありますが
            温点より冷点の方が多く存在してるので、人は暑さよりも寒さに敏感に反応
            しやすくなっています。

            人は体温が1℃下がると免疫が30%低下すると言われています。
            そのためまずは風邪等の感染症にかかりやすくなります。

            なので単純に寒い時は風邪等の感染症にかかり易くなります。

            ご存じな方もい多いと思いますが、人間はホメオスタシスと言って
            気象の変化や周りの環境に対して自分の身体を適応させる機能が備わっています。

            身体は温度の変化などにホメオスタシスによって徐々に慣れてくるのですが
            暖かい部屋から寒い部屋に出る等と言った急な温度変化に対して

            体温調節のために交感神経と副交感神経の切り替えが激しくなり
            そのためそれらが疲弊してしまい結果として疲労や身体が重いなどといった症状が現れやすくなります。

            交感神経、副交感神経と言った自律神経に負担をかけないように
            するには温度変化をプラスマイナス5℃程度に抑えるとよいと言われています。


            この時期は春ファッションになっている方も多く見られます。
            日本(特に若い女性)は一度薄着をすると頑張って薄着をしてしまう方が多い印象がありますが

            気温が低い、寒いなと感じるときは一枚多く服を着る、首元を冷やさないなど
            体温を下げないといったことはすごく大切ですので我慢のしすぎで体調を崩さないようにして
            欲しいなと思います。

            筋肉は身体の熱を作り出すもとになりますので、筋肉を適度につけ
            運動をし姿勢をよくし全身の血流を良くしておくことが身体にとってものすごく大切なことです。

            当たり前のような内容が多くなってしまいました・・・
            気圧の変化も健康に対して大きく影響しますので次回はその辺も書きたいと思います。












             
            posted by: luke-c | 健康 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
            子供の姿勢と成績
            0
              JUGEMテーマ:健康

              姿勢が悪いと勉強ができない・・・

              かなり雑ないい方ですが本当と言えます。
              姿勢が悪いと言っても様々なことがありますが、ここでは猫背を取り上げます。

              簡単に言えば猫背になると脳への血流が低下して脳の働きが低下すると言うことです。

              今でしょ!で有名な林修先生も以前テレビの番組内で
              姿勢の良い子は成績もよい子が多い とおしゃっていました。

              人間の進化の過程で類人猿の時は猫背、頭が真っすぐになることで
              脳が飛躍的に発達したとも。 

              集中力がない、落ち着きがない、疲れやすい・・・ 等と言ったことも

              姿勢の悪さが大きく影響をしています。

              そしてこれも林先生もお話していたことと重複しますが

              子供の姿勢をよくしたいと思ったら、まずは親がいい姿勢にならないといけない
              と言うことです。
              子供は本当によく親の姿を見て動作をまねしています。
              姿勢もやはり一番接する機会の多いお母さんに似てきます。

              もし姿勢が悪いだけでなく腰痛や肩こりなどと言った症状があるときは
              それも同じような症状を訴えることが多いと言われています。

              お子さんの姿勢が悪いなと思ったらまずは鏡を見て

              ご自分の姿勢がどうなっているかを確認して、まずはお手本となるような
              正しい姿勢を心がけてください。

              とは言っても猫背は長年の癖が元になっていますので、そう簡単には治らないことも多いです。

              当院ではドロップテーブルと呼ばれる矯正用のベットで猫背や全身の姿勢を
              CBPと言う姿勢矯正テクニックを用いて全身の姿勢の矯正を行います。
              そしてご家庭での簡単なストレッチなどを行っていただき、姿勢の改善をしていきます。

              そして正しい姿勢をお子さんにも教えていただければと思います。
              もちろんお子さんの姿勢矯正も行っていますので、お気軽にご相談ください。

              もし教職員の方や学習塾などの先生で、このブログを目にすることが
              あれば是非姿勢と成績の相関関係を調べてみていただけたらと思いますし
              姿勢の学習に対しての重要性を教えていただければと思います。





               
              posted by: luke-c | 健康 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
              糖尿病と腱鞘炎の関係
              0
                JUGEMテーマ:健康

                これも最近患者さんから多く耳にする症状の一つです。

                最近手がこわばる、指がカクカクする、起床時指が曲がったままで伸ばすと激痛がする
                手首が痛い等々・・・

                症状からすると腱鞘炎、ばね指、手根管症候群、などと推察されます。

                ただし多くの患者さんは手首や指を特別酷使しているとは話からは考えられませんでした。

                そこで問診票の既往歴や治療中の病気などを見返したり、再度詳しく
                身体の状態などを尋ねてみるといずれの方も糖尿病であったり境界線でした。

                実は糖尿病の方はそうでない方に比べて明らかに有病率が高いことがわかっています。
                (腱鞘炎の患者さんの1/3は糖尿病があるという指摘もあります)

                不思議なものでどの患者さんも痛みの程度は同じでままでも、
                ご自分でも納得できる原因が推察されることでなにかすっきりした感がでてきました。

                もちろん保存療法(サポーターやテーピング、ストレッチなど)は当院でも
                行っていきますが、糖尿病がある場合はもちろんそちらの治療も行っていただきます。

                保存療法で回復の見込みが難しい場合は整形外科での手術が進められます。
                ただし多くの指の腱鞘炎は現在では2ミリほどの穴を開け、内視鏡でモニターを見ながら
                行う5分程度の手術がありますので、その際は専門の整形外科受診をお勧めします。

                糖尿だけでなく、透析を受けられている方も同じ傾向がありますが、
                それはまた次回にUPしてみます。




                 
                posted by: luke-c | 健康 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
                足がつる
                0
                  JUGEMテーマ:健康


                  よ〜く患者さんから耳にする「足がつる」という言葉

                  つるって何?かというと医学的には

                  「有痛性筋痙攣」と言います。

                  ようするに筋肉がけいれんして痛い症状ってことですね。

                  さらに簡単に言うと筋肉が縮んでしまって伸びなくなった状態です。

                  (なので対処法はその筋肉を伸ばすことです)

                  ふくらはぎが多いと思いますが(ちなみに俗称のこむら返りのこむらはふくらはぎのことです)

                  ふくらはぎ以外の筋肉もつることがあります。

                  原因としては

                  筋肉の疲労、ミネラルバランスの乱れ、冷え、病気によるもの、などが考えられます。

                  それぞれについての詳しい説明は割愛させていただいて・・

                  ただし病気に関してはあまりに頻繁につる場合やつる以外に日常に

                  喉が渇く、手足がしびれる、むくみが激しい、歩行障害があるなどの症状がある

                  場合は医療機関への相談が必要と思われます。

                  ふくらはぎがつってしまった時、特に夜など横になっているときは

                  対処しにくいものですが覚えておくといい簡単な対処法が

                  つった足のすねに力を入れることです。

                  こうすると筋肉の運動の作用により自然とつま先が顔の方向に来ることになり

                  ふくらはぎの筋肉が緩みます。

                  もちろん余裕がある方は手でつま先を顔の方に引っ張ってください。


                  当院ではもちろん足がつると言われる患者さんには詳しい問診を行い、

                  足の筋力の状態などもチェックして原因の追及、改善へのアドバイスを

                  丁寧に行っていますので、お気軽にご相談ください。




                   
                  posted by: luke-c | 健康 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  花粉症と炭酸飲料
                  0
                    JUGEMテーマ:健康
                    花粉症の原因などついて文献を読んだりPCで検索していくと限りなく情報がでてきます・・

                    そのなかで個人的に信憑性が高いものとして

                    腸内環境の悪化による免疫機能の低下、自律神経のバランスの乱れ があげられます。

                    今回は詳しいことは置いておいて自律神経の部分に少しふれます。

                    ご存知の方も多いですが自律神経には交感神経と副交感神経があります。
                    ごくごく簡単に言うと交感神経は興奮、副交感神経はリラックスするときに優位になります。

                    副交感神経は免疫機能と深く関係していて病気等にならないように働いてくれています。
                    ただし花粉症やアトピー等のアレルギーは免疫が働きすぎている状態ですので
                    副交感神経を興奮させすぎは当然よくありません。

                    それを踏まえて今回のタイトルの「炭酸飲料」との関係について

                    炭酸飲料(炭酸ガス)は副交感神経を優位にさせます。

                    と言うことは炭酸を飲む → 花粉症などのアレルギー悪化と言うことになります。

                    個人的な意見としては副交感神経優位にすると言うことは
                    ストレスの発散してくれる作用もあるので程々にしておきましょうと言う感じです・・

                    交感神経優位のときは免疫を抑制していますから症状は和らぎますが
                    それではもちろん身体は回復もしないし、病気になってしまいます。

                    カイロプラクティックの施術では自律神経のバランスを整えると言うことも
                    施術の大きな目的になりますので、アレルギー症状の抑制にも効果が得られると考えています。











                     


                     
                    posted by: luke-c | 健康 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    レッドフラッグ
                    0
                      JUGEMテーマ:健康
                      急性だけでなく慢性腰痛の患者さんにも適用される診察の
                      ガイドラインのレッドフラッグをご紹介しておきます。

                      具体的には以下の項目があります。

                      発症年齢が20歳未満か55歳以上

                      最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)

                      進行性の絶え間ない痛み(夜間の痛み、横になって安静にしても痛いなど楽な姿勢がない)

                      胸部痛

                      長期間に渡るステロイド剤の使用

                      全般的な体調不良

                      原因不明の体重減少

                      腰部の強い屈曲制限の持続

                      脊椎叩打痛

                      身体の変形

                      発熱

                      膀胱直腸障害(排尿困難、尿失禁など)サドル麻痺(肛門、会陰部の感覚消失)

                      これらは重大な脊椎疾患の可能性を調べるためのものであるが
                      ひとつ当てはまるからと言って重大な疾患の可能性が高いわけではありません。

                      特に年齢、外傷、ステロイドの項目の該当は単独で重大な疾患の可能性は低い
                      とう報告もあります。

                      しかし複数該当の場合は病院での画像診断、血液監査は必須です。

                      当然ながら当院でも

                      急性の腰痛ではレッドフラッグで重大な脊椎疾患の除外、

                      慢性の腰痛ではこれに加え「腹部大動脈瘤」の除外を確認してから施術を行うようにしています。




                       
                      posted by: luke-c | 健康 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |