Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
もらい上手
0
    もらい上手?と言っていいのかな

    友人などから好意やプレゼントなどを渡された時

    相手の気持ちをくみ取って、喜んでそれを受け取るのは

    すごく大事だと私は思うのですが、どうでしょう?

    もちろんあまり親しくない方からならば、タダより怖いものはないとか

    何か裏があるのでは?と考えるのも当然ですが・・・

    また貰ったことで精神的になんとなく負い目を追うのが嫌とか

    ただ渡す側も、ただあげたいからあげるのであって

    変に期待をするのはどうかと思います。

    もちろん喜んで貰いたいから、渡すんですけどね。

    なんだか複雑になってきた?

    まあ、単純に遠慮深すぎるよりも、もらい上手の方が

    相手も自分も幸せになれるかななんて思ったりします。





    posted by: luke-c | ひとりごと | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポーツ ドリンク ??
    0
      これはいったい??  ← クリックしてね

      出演は以前も紹介したキンボさん → キンボ・スライス

      と NFLのスター選手 ラデニアン・トムリンソン(LT)

      ほんとにうまいのか????

      肉そのまま、入ってんぞっ!!

      キンボソースっていったい???

      posted by: luke-c | ひとりごと | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
      幸せの隠れ場所
      0
        もうすぐアカデミー賞ですね。(つい最近知りました・・・)

        作品賞でノミネートしている中では日本では「アバター」がきっと一番有名でしょうね〜

        しか〜〜〜〜し 猛烈に個人的なお勧めは

        「The blind side」 (ザ ブラインド サイド)

        邦題は「幸せの隠れ場所」 です。

        主演は主演女優賞候補NO1に挙げられている「サンドラ ブロック」です。

        話は2009年にNFL(アメリカンフットボールのプロリーグ)のボルティモア・レイブンズにドラフトNO1ピックされた、マイケル・オアーという選手の自伝を映画化したものです。

        自伝だから当然実話ですよ。 実はまだ私も見ていない早く観たい!!

        スラム街で育って、路上生活をしていた黒人の少年を裕福な白人の女性が家族として迎え入れ、その後その家族の支えを受け、フットボールの才能を開花させていくという話です。

        アメリカンフットボールものというと日本人にはつまらなく感じるかもしれないですが、これはスポーツものではなく、ヒューマンドラマです。

        まだ観てないくせにスイマセン、でもほんとですよ。

        いい話なんですよこれが。 実際昨年のドラフトの際、オアー選手と家族が抱き合っている姿は感動でしたよ。

        ちなみに原題の「ザ ブラインド サイド」というのは、

        アメリカンフットボールでは右利きのクオーターバック(ボールを投げたりする人ね)

        がパスを投げるときの背中側をブラインドサイドと呼びます。

        で彼はその背中側 (右利きのクオーターバック(QB)なら左側)を守る、ポジション(オフェンス・タックル)なので、タイトルも「The blind side」と言います。

        アメリカンフットボールではQBを守ることはとても大切で、特にブラインドサイドからタックルされると、けがやボールを奪い取られる可能性が高くなるため、非常に重要視されます。



        ちなみに「blind side」は辞書で引くとこんな感じです。

         (片目の人の)見えない側;(自分で気づかない)無防備[盲点]になっている側[方向], 弱点

        日本ではかなりマイナーかも知れませんが、サンドラブロックが賞を取ったら評判になるかも知れませんね。 ならないかな・・・








        posted by: luke-c | ひとりごと | 17:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
        久しぶりに・・・
        0
          かなり長い間放置していたこのBLOG・・・

          元々日記をつけたこともなく、なんで自分の日記を人に公開しなきゃならないんだ! などと考えてしまう人間なものでつい放置しがちに・・・

          心を入れ替え(長続きしなそう・・・)アホな内容でも極力アップしていきたいと思います。

          でも明日からね!!

          posted by: luke-c | ひとりごと | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
          君子蘭
          0


            久しぶりの更新です・・・

            カフェにある、君子蘭が咲きました〜

            他にもいろいろな花が咲いたり、木々の緑がきれいですよ。

            天気の良い日は、窓際のガラスがすべて開いて、オープンカフェになっていて気持ちがいいですよ〜

            posted by: luke-c | ひとりごと | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
            言葉で伝える
            0
              以前あるアメリカの大学教授がクラスの学生にこんな課題を出しました。

              それは

              「日頃大切に思っている人に、心から愛し、感謝している、ことを言葉にしてあらわしてみよう」

              というものでした。

              (日本の先生もこんな宿題出してくれたらな〜)

              これはなかなか難しく最後までできなかった学生も多かったそうです。

              感謝の気持ちや愛する気持ちを伝えることは確かに、恥ずかしかったりなかなか言えないことなのかもしれない、まして我々日本人はなおさらかもしれない。

              でもこんなことを言われたとしたら、悪い気持ちになる人はいないだろうし、思っているだけでは伝わらないこともたくさんあるはず。

              大切な人と別れや死というものに直面してはじめてどれだけ大切で、かけがえのない存在であるか気がつく人は多いのでは・・・

              時にこんな感謝の気持ちや愛していることを言葉で伝えてみてはいかがですか?

              恥ずかしいかな?

              posted by: luke-c | ひとりごと | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
              カルテ・・・
              0
                また、しょ〜もないものを見つけてしまいました・・・


                http://maker.hanihoh.com/d/?hanihoh_1

                どうでした?
                posted by: luke-c | ひとりごと | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
                男が消える〜!!!
                0
                  この間なんとなくTVをつけていたらやっていたのが、
                  こんな内容のNHKスペシャルの再放送だった。

                  しまった!こいつは面白いじゃないか!
                  しかも全3回の最終回・・・ 

                  しかもラスト40分ぐらいしか観れなかった・・・

                  ようするに男をつくる Y染色体 がジャンジャン少なくなっていて、500万年ぐらいしたら、滅びる!

                  しかも実はもっと早く進み、来週にでもなくなっても
                  不思議ではないぐらいなものらしい・・・

                  卵を産み落とす生き物はオスがいなくても子孫を残せちゃうスゴ技があるんだけど、
                  Y染色体には胎盤を作る命令をもった遺伝子が入っているので、胎盤で子供を育てる哺乳類にはそれは無理だとのこと・・・


                  しかも人間の精子はかなり質が悪くなってきていて、3〜4割程度しか動いていないそうな。
                  ちなみにチンパンジーの精子はめちゃくちゃ元気だった・・・

                  これには人間の一夫一妻制(違う地域も多いと思うのだけど・・・)が大きく関係しており、精子の間で競争がないかららしい、&環境の要因も多いと思う。

                  検査の対象がいわゆる先進国だけなのが、気にはなるが興味深い内容でした。






                  posted by: luke-c | ひとりごと | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  もやしもん
                  0
                    知らなかった・・・
                    妻の友人が貸してくれたこの漫画、なんだ、このマニアックな漫画は〜

                    でもすげ〜はまってしまった。

                    2004年ぐらいからすでに連載されていたようなのですが

                    内容は空気中の菌やウィルスが見える、特異体質の主人公とその周りの人達の某農業大学での騒動を描いた話なんですが

                    日頃から常に「日本人は清潔すぎる!」「菌には人間の味方になってくれているものが、たくさんあるんだよ}など、など菌について熱く語る自分にはドンピシャな漫画でした。

                    実はアニメで放映されていたりかなりメジャーな漫画だったんですね〜

                    まだ3巻までしか読んでいないので、早く続きが読みたいっす!

                    私のようにまったく知らない方は軽く読んでみては?、感想は読み手によってかなり異なる漫画だと思いますが・・・
                    posted by: luke-c | ひとりごと | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    IKEAキッチン
                    0


                      昨日、2か月ほど前から進めていた、キッチンのリホームがようやく形になりました。

                      いろいろ考えた末、IKEAのキッチンを選びました。
                      がっ! IKEAのキッチンは何から何まで自分で選べるので、選ぶのが大変〜

                      おかげで?かなりIKEAのキッチンには詳しくなりました!!

                      IKEAのキッチンは価格は安い
                      しか〜し!!  サイズを測ったり、いざそれが本当にうまくつけられるか、さらに組み立て(すべてのパーツを組み立てる)、もろもろ工事!もちろんこんなのは自分でできっこない!

                      IKEAのサービスで測量(有料)したり、指定の施工業者を紹介してくれるのですが、正直あれやらこれやらでかなり高くついいてしまう・・・・

                      一般の工務店はIKEAのキッチンを取り扱ってない、というか嫌みたい(パーツが細かくて面倒だし)ので今回はこちらにお願いしました。

                      ノルドランドホーム http://www1.neweb.ne.jp/wb/nordland/

                      IKEAのキッチンを多く手がけていて、見積もりから部材の手配、工事の手配等すべてを一手に引き受けていただきました。

                      IKEAのキッチンでリホームをお考えの方は、一度お話をしてみては?

                      我が家は通常のI型キッチンから、食事もできるようにカウンターをつくってみました〜
                      まだカウンターの高さにあった、イスがないのですが楽しみです〜
                      posted by: luke-c | ひとりごと | 10:49 | comments(1) | trackbacks(0) |