Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
腰痛 病院へ行く?
0
    JUGEMテーマ:健康

    腰痛患者の数は全国でおよそ2800万人、相変わらず整形外科は
    混んでおり、レントゲンにMRI、温熱や牽引と言った内容の治療を行うところが多いようです。

    しかしながら厚生労働省の研究班による発表でもレントゲンやMRIなどの画像診断では腰痛の
    原因を特定することはできないとしています。

    最近耳にすることも多いかもしれないですが、腰痛の患者さんのおよそ85%は
    原因が特定できない腰痛なのです。

    ちなみに椎間板ヘルニア4〜5%、脊柱管狭窄症4〜5%、圧迫骨折4%、感染性脊椎炎やガンの転移1%
    大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患は1%未満となっています。

    もちろん特定できないだけで腰痛の原因は椎間板、椎間関節、仙腸関節、
    背筋などの腰部組織に痛みの可能性が高いのですが画像からは特定はできません。

    実際痛みが全くない人もMRIをとってみると椎間板ヘルニアがはっきりわかる人が多く見られます。

    と言うわけで不用意にレントゲンなどをとるのは全くお勧めはできません。

    画像診断が必要なのは簡単に言えば

    感染症、腫瘍、麻痺、骨折の可能性がある場合です。

    2004年にヨーロッパで発表された腰痛診断のガイドラインに「レッドフラッグ」と
    言われるものがあり、腰痛の診断における世界的な標準の考え方になっています。

    その内容は次回改めてUPします。

    もし腰痛で病院に行くべきか?など迷った時はお気軽にご相談ください。







     
    posted by: luke-c | 健康 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
    姿勢
    0
      前回、病気にならなきゃいいなんて書きましたが、

      今回からはその予防について書いていこうと思います。

      予防というと一般的には

      食事、運動、ストレスをためない、などといったことがあげられると思います。

      もちろん当然正しいです。

      ですが私はそれと同じぐらい重要視しているのは

      姿勢 です。

      姿勢がいいさまざまな不調にかかりにくく

      姿勢が悪いと不調になりやすい

      こんな単純なことですが、

      どうして姿勢が大切なのか

      姿勢を良くするためにはどうすればいいのか

      などを書いていこうと思います。







      posted by: luke-c | 健康 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
      産後 骨盤矯正
      0
        最近、骨盤矯正について多くお問い合わせをいただきます。

        主なものでは、出産後から腰が痛くなった、下腹がでた、おしりが下がった、
        体重は戻ったけどズボンがはけなくなった、等々。

        出産時には赤ちゃんが出てくるために、

        靭帯や筋肉を緩める作用のあるホルモンが分泌されます。

        骨盤の底にあり、子宮や膀胱などの内臓をハンモックのように

        支える筋肉も緩められられます。

        筋肉がゆるみ内臓が下がれば、下腹は出てきます、

        腰痛も靭帯がゆるんだことが少なからず影響しています。

        姿勢も大きく関係してきます。

        妊娠中はお腹が大きくなり、お腹が重いため体をそらした姿勢、

        産後は赤ちゃんを抱っこするためにお腹を突き出してしまう。

        こういったことで腰を反らせすぎたり

        骨盤が後方に傾いてしまうことで腰痛や先に書いたおしりが下がった

        などといったことが起こると考えられます。


        当院ではズレのある骨盤を矯正するだけでなく、

        全身の筋肉がバランスよく働けるように

        体全体の姿勢を整えるよう矯正していきます。

        このことはとても重要で

        骨盤だけを整えても骨盤のズレを引き起こす原因の一つになっている

        姿勢のズレを治さなくては、結局元に戻ってしまうからです。

        また当然、ストレッチや筋力トレーニングも

        必ず必要になりますので、その方法もお教えいたします。


        男性の私には体験はできませんが出産は本当に大変で

        そして素晴らしいものですよね。

        そんな大変な出産の、ご褒美もかねて

        体のケアをしてみてはいかがですか。

        詳しく聞いてみたい方は、遠慮なくお電話ください。

        また治療院にいらっしゃってのカウンセリングも無料ですので

        お気軽におたずねください。










        posted by: luke-c | 健康 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
        遺伝する?
        0
          がんには遺伝が関係する。

          と思っている方が多いようですが、

          もっとも重要なファクターは生活習慣です。

          がんのできる仕組みにも関係するのですが、

          この辺の話は置いておいて、

          よく、「うちはがん家系だ」などと言います。

          が、統計上では3人家族が全員がんになる確率は8分の1でけして珍しくなく

          逆に一卵性双生児が同じがんになる確率は10%ほどだそうです。

          まったく同じ遺伝子を持っているので、がんが遺伝病ならば

          同じがんができるはず。

          ということを考えるとがんはやはり

          食生活、運動、喫煙、などといった生活習慣が大きく関係しています。

          禁煙、野菜中心のバランスの良い食事、適度な運動、規則正しい生活を心掛ければリスクは半分以下にさげられます。

          これはがんだけでなく、すべての病気に当てはまります。

          なってしまってからでは、遅すぎますよ、まずはできることから始めてみましょう〜



          (毎日新聞 Dr中川のがんを知る 中川 恵一 東京大付属病院准教授 参照) 
          posted by: luke-c | 健康 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
          エプソムソルト 結果
          0
            以前にBLOGに載せた、エプソムソルトやっと試しました。

            結果! かなり温まりました。

            妻に内緒でお風呂に入れ、翌日尋ねると、ポカポカ芯まで温まったと言っていました。

            おお〜 なかなかよさそうなので、少し続けるために商品を見つけてみようかと思います。

            インターネットでは1キロ、3000円ぐらいで売っているようです。

            当院では基本的に物品の販売は行っていないのですが、よいものが手ごろな価格で入る方法が見つかりましたら、興味がある方にもお分けしたいと考えています。


            posted by: luke-c | 健康 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
            エプソムソルト
            0
              エプソムソルトご存じでしょうか?

              私は数年前、アメリカのプロのアメリカンフットボールの選手が、試合後の疲労回復のために使っていると聞き購入してみました。

              がっ! 私はその時すでにアメフト選手を引退していたので、そのまま棚で眠っていました。

              こいつは何かというと,硫酸マグネシウムのことでいわゆる「塩」ではありません。
              市販の入浴剤にも使われています。

              にがりに多く含まれる成分で舐めると苦いです。実際、にがりがない時はエプソムソルトを使用して豆腐が作れるそうです。


              でこれをお湯に入れて、入浴すると筋肉痛が和らぐということで、プロのスポーツ選手の間でも広く使われているようです。

              (ただし数年前の情報なので、流行りもあるので現在進行形かは不明ですが)

              スポーツ以外でもこの入浴法は、新陳代謝や心臓の働きを活発にしたり、マグネシウムが皮膚から浸透して、リラックス効果があるらしいです。

              ちなみに下剤としても利用されたり、肝臓のデトックスとしてアメリカでは結構用いられているようです。

              オリーブオイルやグレープフルーツと一緒に摂取するようです。
              文献では胆石が排泄されるとのこと! (ほんとかな〜ちょっと個人的には疑問もありますが・・・)

              ちなみに入浴に使う時は20分以上の長湯なかえって良くないそうです。
              あと心臓疾患や糖尿病の方は医師に相談してくださいとのことです。

              私も今度実験してみますね〜


              結果はまた報告します〜
              posted by: luke-c | 健康 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
              ノロウイルス
              0
                食中毒というと夏に起こると思いがちですが、
                冬に流行する食中毒の大半がこの

                ノロウイルス

                です。

                こいつには私もやられました・・・

                そしてこのウイルスの主な感染源は「カキ」などの二枚貝です。

                ノロウイルに感染したカキを食べると、人間の体内で増殖し21〜48時間潜伏したのち

                激しい下痢(まじですごい!)、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱(38°C以下)

                といった症状がでます。

                直接食べなくても、感染者がトイレ後の手洗いが不十分なとき、
                感染者の嘔吐や便の処理の際などに少量のウイルス(数個〜数百個程度)が
                体内に入るだけでも感染します。

                ちなみに床や衣服についたウイルスは消毒が不十分だと、飛沫感染(粒子が空気中に飛び感染する)するという、とんでもないやつです。

                治療方法は安静にして、脱水防止のため水分補給のみ・・・
                まあ1〜2日でおさまりますからね〜(でもかなりきつい・・・)

                とまあこんなことは最近では多くの方が知っていると思いますので

                主な感染源の今が旬の  カキ について

                書こうかなと思います。






                posted by: luke-c | 健康 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
                体脂肪計のつかいかた
                0
                  今、ちまたに出回っている体脂肪計
                  これは実は実際には体脂肪を直接測定しているわけではありません。

                  体脂肪計は手足に電気を流してその電気抵抗を測定することで、体脂肪の量を推定しているのです。

                  なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、
                  簡単に書くと脂肪は「脂」なので水分をほとんど含みません、
                  筋肉などの他の組織は含水率は約80%です。

                  ようするにこの水分の量(電気抵抗)を測ることで脂肪量を推定しているのです。

                  一般的な体脂肪計は器械に乗り、レバーを握るものなので、手足の電気抵抗を測定しています。

                  でも、ここで問題なのは体の水分の量は一定ではないということです。

                  ウエイトトレーニングのような運動をした後では、手や足は乳酸などの保水作用で水分が増えています。
                  また食事をすると胃や腸に血液が集まるので手足の水分量は減ります。

                  結果、食後は体脂肪は多く、トレーニング後は少ないといったことになります。

                  というわけで条件が一定でないとあまり参考にならないので、1〜2%の体脂肪の増減で一喜一憂しないようにご注意を。

                  測定条件を一定にするため、朝一番での測定がお勧めですよ。
                  ただし、前日飲みすぎた時はNGですよ。







                  posted by: luke-c | 健康 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  むくみ2
                  0
                    水分をたくさん摂れ

                    と前回書きましたがあまった水分は排泄しなくてはいけません。

                    基本的には自然に尿から排泄されますが、

                    効率を高めるためには、塩分と逆の作用をする

                    カリウムやマグネシウムといったミネラルを多め摂ります。

                    これらは野菜や果物、豆類などに多く含まれます。

                    無理にこれをとるというより、一般的に言われる

                    バランスの良い食事を心掛ければいいと思います。

                    そして尿からだけでなく

                    汗から水分を出すことも大事です。

                    運動や入浴で汗を定期的に出すと、からだは汗をかくことを覚え

                    水分を出しやすくなります。

                    汗には老廃物だけでなく水銀なども排泄するので

                    健康のためにはとてもいいことです。

                    汗をかいて、シャワーなどを浴びると

                    本当にさっぱりしますよ〜





                    posted by: luke-c | 健康 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    むくみ
                    0
                      今回はダイエットとも関係のあるむくみの話

                      乱暴に言えばむくみと水太りはおんなじことです。

                      ようはからだが水分をため込んで排出できてない状態をいいます。

                      原因を考えると

                      塩分の摂りすぎ(水分不足)

                      塩分には水分をからだにため込む働きがあるためです。

                      水分をあまりとらないと、体の塩分濃度は高くなりむくみはひどくなります

                      女性では生理前や更年期、妊娠時にむくむがひどいくなる方がいます。

                      これは女性ホルモンの関係で

                      女性ホルモンにはナトリウム(塩分)をため込む作用があるためです。

                      そのため女性ホルモンのレベルが急激に変化するこの時期はむくみが起こり

                      やすくなります。

                      というわけで、むくみ解消のためには

                      塩分を控える、水分を積極的に摂って対内の塩分濃度を下げる

                      ことが必要になります。

                      水分はできるだけがぶ飲みではなくできるだけこまめに摂ります。

                      特に朝起きてすぐコップ1杯の水は

                      睡眠中に汗などから出た水分(このため朝は血液濃度が高くなってます)を

                      補給し、便秘の解消にも役立ちます。

                      目安は体重の30分の1ぐらい(60Kの人は2L)を目安に。

                      ただしジュースやアルコールは余計なカロリーが多いので

                      できるだけ避けましょう。

                      そして一見矛盾するようですが、水分を多く摂ってと書きましたが、

                      たまった余計な水分を出すことも大事です。

                      これについてはまた今度。








                      posted by: luke-c | 健康 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |